ノースフェイスの最強フリース アンタークティカは余力ありすぎ

何事も余力というものが必要で、余力があるからゆとりが持てるし楽しめる。

仕事にしても、遊びにしてもそう。

フェラーリやランボルギーニなんかは、余力の塊だと言ってもいい。

そもそも、300キロ以上スピードを出すことはないのだから。

筋肉もそうだ。

そこまで鍛えるか?っていうぐらい筋トレする人がいるけれど、筋肉量が心にゆとりをもたらすらしい。

今回買ったフリースは余力の塊、いわゆるオーバースペックなノースフェイスのフリース。

ノースフェイス アンタークティカバーサロフトジャケット。

THE NOETH FACE(ノースフェイス) のフリース

アンタークティカは南極大陸などで探検家が着るフリースだとか。

いろいろと逸話はあるのでググってもらうとして、とにかく史上最強に暖かいノースフェイスのフリース。

偶然にもウィンドウショッピングをしていたら、売っていたので勢いで買ってしまった。

なかなか、アンタークティカはダウンにしても、フリースにしても売っていない。

ネットでも売り切れで、毎年速攻で品切れになる商品。

転売ヤーが買い占めたりもするので、「おひとり様1点限りでお願いします。」という注意書きがあるほど。

それほど人気があるフリースにも関わらず、あまり着ている人を見ないのも不思議なんだけれど。

前から気になっていたフリースで、ホワイトというカラーにも惹かれた。

実際には、ホワイトは汚れが目立つということで避けがちなため、いくつか残っていた。

今持っているColumbiaのフリースが少し大きめなので、タイト目のサイズをチョイス。

フリースは体にフィットする方が暖かいので、いつもよりワンサイズ小さめを買うのがオススメかも。

脇下のチャックは大きめに開く

アンタークティカは暑くなりすぎるため、脇下に温度調節用のチャックがついている。

汗かきな自分にとっては、これが嬉しい。

また、胸のポケットも使いやすい位置にあって、スマホ入れなどとして使えそう。

SY32のパッカブル をインナーにしてこのフリースを羽織れば防風になりさらに暖かそう。

アンタークティカは首も暖かい

首回りはネックウォーマーいらずで、モコモコあったか。

ホワイトのフリースだから、汚れがつかないように首を念入りにお風呂で洗うことにする。

手袋いらずのフリース

試着の段階で暑さがオーバースペックだと感じたけれど、この余力ある暖かさがノースフェイス アンタークティカの魅力の一つかもしれない。

勝手なもので、ダウンを買ったり、フリースを買ったりすると寒くなるのを期待する。

傘を買ったり、長靴を買った時に、雨が降ってほしいのと同じ気分かな。

彼氏、彼女や夫婦でペアルックも可愛いはず。

お値段と品質

お値段は高めなので、キャンプで着る時には、アウターを着て煙の匂いがつかないようにしなければ。

この暖かさ、雪上キャンプでもいけそうな気がしてきた。

さて、冬支度は準備万端、寒さよどんとこい。

ノースフェイスのフリース アンタークティカ
Follow us
>仲間募集

仲間募集

SOLLTではキャンプ、サーフィン、自転車、スノーボードについて記事を書いて一緒に盛り上げてくれるライターさんを募集しています。応募は、twitterよりメッセージくださいませ。お気軽にご応募おまちしております。