スタンレー愛が止まらない!愛着あるマグや真空ボトルがさらなる物欲を加速させる

STANLEY(スタンレー)のマグ

STANLEY(スタンレー)というマグボトルのブランドをご存知でしょうか。

サーモスや象印などは知っていても、「スタンレー」はあまり知名度はないかもしれません。

知らない人は「電気の会社」と思う人も多いかもしれませんが、保温性、保冷性が高いマグボトルの業界では歴史あるブランドなのです。

スタンレーが世界中のキャンパーに人気の理由や、これから買う人へスタンレーの特徴などお伝えします。

STANLEY(スタンレー)とは

店舗に並ぶスタンレー

1913年アメリカで生まれたSTANLEY(スタンレー)はウィリアム・スタンレーJr.によって真空断熱技術とスチールの頑強さを融合し誕生した歴史あるマグボトルのブランド。

100年以上も世界中で愛されているのは、「孫の代まで使える」と言われているぐらい確かな品質と信頼があるからこそだと思います。

実際に使っていて、デザインだけでなく保冷性、保温性が想像をはるかに超える性能で驚くばかりです。

スタンレーには5つのシリーズがあります。

Classic series(クラシックシリーズ)
GO series(ゴーシリーズ)
Master series(マスターシリーズ)
Adventure series(アドベンチャーシリーズ)
Legacy series(レガシーシリーズ)

スタンレーといえば、独特なハンマートーングリーンというカラーが印象的ですが、シリーズによってはブラックやホワイト、オレンジなどのラインナップも存在します。

ハンマートーンというのは、金槌で叩いて凹凸を出したような仕上げのこと。

たまに、伝統的な鍋やケトルなどでも見かけますね。

実際には塗装の技術で表現しているそうですが、無骨な感じでアーミー好きな人はハマるかもしれません。

スタンレーを買うに至ったきっかけ

STANLEY(スタンレー)をキャンプ使い

キャンプをするようになってから、外でも家でも気温に応じて快適な温度の飲み物が飲みたいと思うようになりました。

暑いときには冷たい飲み物。寒いときには温かい飲み物。

そんなタンブラーとマグを探していたところ、SNS界隈でよく見かけたのがスタンレーです。

見た目がおしゃれなだけでなく、調べれば調べるほど性能が良いということを知ります。

ただスタンレーは価格が高い。

普通の象印やサーモス、タイガー魔法瓶などと比べると何倍も価格差があります。

ただ、これまでの水筒は数年で保温性が落ちていたので多少高価でも長く使えるものをと思い買うに至りました。

衣食住の「食」に関することなので、スタンレーを買うのは「投資」だと勝手なこじつけで自分を正当化しています。

スタンレーの各シリーズについて

スタンレーの各シリーズはそれぞれWebサイトを見ると、キャッチコピーがあって分かりやすいです。

Classic series(クラシックシリーズ)「どこまでも信頼できる。 来る日も、来る日も。」
GO series(ゴーシリーズ)「日常の使いやすいさを追求」
Master series(マスターシリーズ)「ワイルド&タフ」
Adventure series(アドベンチャーシリーズ)「頑丈+必需品」
Legacy series(レガシーシリーズ)「ヴィンテージの面影に最新技術を導入」

Classic series(クラシックシリーズ)はスタンレーの原点のような商品が多く少し軍っぽさがありつつも古臭さがないデザインで、孫の代まで使えるぐらいタフなシリーズです。

カラーラインナップは、商品によってさまざまです。

GO series(ゴーシリーズ)は、キャンプなどのアウトドアだけでなく日常的に使えるカジュアルなシリーズです。カラーラインナップは、こちらも商品によってさまざまですが、ゴーシリーズ 真空ボトル 0.47Lは9色もバリエーションがあります。

スタンレーを始めて購入する方は買いやすいシリーズだと思います。

Master series(マスターシリーズ)はキャッチコピーの「ワイルド&タフ」というだけあって、かなり丈夫さと耐久性にこだわっているシリーズです。

プロ中のプロのために生まれたシリーズだそうですが、何のプロかはよく分かりません。

色はほとんどがブラックで1番かっこいいシリーズです。

Adventure series(アドベンチャーシリーズ)はマグ、スピリッツ、クーラーボックス、クックセットなど、1番遊びに使えそうなシリーズです。

スタンレーってこんなクッカーもあったんだ?という目新しい商品もあります。

私が持っている「スタッキング真空パイント 0.47L」も、このアドベンチャーシリーズ。

作りにこだわっていてスタンレーの中では1番面白いアドベンチャーシリーズですが、ブラックのラインナップが少ないので今後に期待です。

Legacy seriesレガシーシリーズは、古き良き時代を踏襲しながらも、新しい機能のシリーズです。

見た目はレガシーというだけあって、グリーンとブラックのみです。

スタンレーを買うときに気をつけること

スタンレーは価格が高く失敗したくないので、これから買う方に少しだけアドバイスです。

かなり個人的な主観が入ってますので参考までに。

口が広いモデルを選ぶ

スタンレーはシリーズによって口が狭いモデルもあります。

保温性やデザインで口が狭くなっているのだと思いますが、スタンレーをデイリーな使い方をするならば、口が広いモデルを買うことをオススメします。

口が広い方が何かと使いやすく、特に氷が入れやすいのと、洗いやすいというメリットがあります。

また、ドリンクをボトル内に入れるときもザブザブ入れることができます。

色はグリーンかブラックが無難

STANLEY(スタンレー)のマグ

スタンレーを1つ買うと、必ず他のシリーズや種類も集めたくなります。

インスタグラムなどで調べてもらったらわかりますが、ほとんどの人が複数使いです。

買い足そうと思ったときに最初にレアな色を買っているとカラーが揃えにくいので要注意です。

特にお店などに売り残っていたり、値下げされているのはネイビー。

あのカラーはスタンレーの中で人気がないのでしょうか。

センスがある人はグリーンとホワイトなど上手に組み合わせ使っていますが、個人的にはカラーを揃える方が好みです。

なのでほとんどのシリーズで展開されているスタンレーらしいグリーンを選ぶか、黒を選んでおいた方が無難です。

比較的新しいモデルはホワイト、ネイビー、パープルなどありますが、定番の商品にはグリーンしかないモデルもあります。

あらかじめ「複数買うなら」と想定しコーディネートを考えてカラーを選ぶと良いでしょう。

ブラックはマットを選ぶ

STANLEY(スタンレー)のブラックとマットブラック

カラーを揃えるということでブラックを買ったのですが、ここでも注意点が。

スタンレーはブラックが2種類あって、ツルッとした光沢のある素材とマットな素材があります。

上の写真の右側は光沢なし、左側は光沢あり。

この光沢のある素材はかなり指紋のような油っぽさが目立つのです。

オンラインショップではマットブラックと明記されており、どちらもマットブラックなのでしょうけど、少しざらつきのあるマットブラックの方を選んだ方が良いです。

実物は見て分かりやすいですが、Amazonや楽天などのオンラインショップで購入の際には要注意です。

スタンレーのここが好き

実際にスタンレーを使ってみて、魅了される理由を考えてみました。

長い歴史という安心感

100年以上の歴史というのは京都の老舗にとっては短いかもしれませんが、企業としては100年続けられるというのは信頼され続けられているからでしょう。

歴史というのは、turkのフライパンHK500もそうですがロマンを感じます。

関連記事

ファッションのハイブランドって、なぜだかヨーロッパが多いんですよね。フランスは、ルイヴィトン、エルメス、シャネル、ディオール、セリーヌ。イタリアは、ブルガリ、フェンディ 、グッチ、プラダ。ドイツは、、、、あれ?[…]

関連記事

失敗から学ぶことって沢山あって、こんなに失敗を繰り返し使っているキャンプ道具は他にないんじゃないか。っていうぐらい、失敗と悲劇を繰り返しています。それでも、買って良かったなぁ。と思えるのってなぜなんだろう?悪さばかりする子[…]

hk500

そんな前から考えられて今に至り、スタンレーが多くの人に使用されてきたのかと思うとシビレます。

ルイヴィトンだってエルメスだって、「5年前からやってます」とかだったら嫌だしおそらくファンは少ないでしょう。

抜群の保温性、保冷性

STANLEY(スタンレー)のマグ

スタンレーについて1番伝えたいことが遅くなりましたが、「機能性の高さ」は抜群です。

マグに入れた氷がなかなか溶けません。

そして、暖かい飲み物はなかなか冷めません。

その機能性にデザインとポリシーとコンセプトが合わさってスタンレーに魅了されるのだと思います。

豊富なシリーズとラインナップ

STANLEY(スタンレー)ラインナップ

スタンレーはコンセプトがしっかりと保ちつつ様々なラインナップが存在します。

蓋は癖が強めな形状が多いですが、それも趣がありますね。

シリーズによって違いはありますが、どれもスタンレーらしさがあって集めたくなるのは戦略でしょう。

沼にハマる人は多いのではないでしょうか。

ロゴがかわいい

STANLEY(スタンレー)のロゴ

熊に羽がはえた独特なロゴのデザインが愛くるしいです。

何気に見ていると熊と気づきません。

まさか熊に羽が生えると思いませんから。

「可愛さ」と「強さ」を融合させたロゴが感性にフィットしたからスタンレーが好きになったと言っても過言ではないです。

スタンレー3つのお気に入り

私が使っているスタンレーでお気に入りの3シリーズです。

クラシックシリーズ クラシック真空ボトル 1L

STANLEY(スタンレー)の1l真空ボトル

保温性、保冷性ともに優れているのですが、特に保冷性が高いです。

保温力目安:86度以上/6時間、64度以上/24時間
保冷力目安:3度以下/6時間、9度以下/24時間

夏のキャンプは氷だけを真空ボトルに入れて持っていきハイボールを作ったりします。

なんとこの真空ボトル内の氷は翌日もまだ残っていました。

スタンレー恐るべしです。

保温性はキャンプに行く前にお湯を沸かして持っていくと、キャンプ場についてそのままお湯をカップ麺に使えるぐらい熱いです。

保温性もかなりのもの。

容量が大きいだけにポテンシャルが高いです。

アドベンチャーシリーズ スタッキング真空パイント 0.47Lのマグ

STANLEY(スタンレー)のマグ

このスタンレーのマグはかなり普段使いをしています。

保温効力 : 60度以上/45分
保冷効力 : 10度以下/4時間

主にハイボールを飲むときと、アイスコーヒーを飲むとき。

口当たりは少しステンレス感があるのですが、なかなか冷めないので冷たい美味しさが上回ります。

手にフィットしやすいサイズで、形状もよく考えられているなと思います。

私が持っているスタンレーの中で1番使用頻度が高いですね。

スタッキングできるのも嬉しいです。

ゴーシリーズ 真空ボトル 0.7L

このマグボトルはちょうど良い容量なのです。

保温効力 : 66度以上/6時間
保冷効力 : 6度以下/6時間

スタンレーでは珍しく蓋がポリカーボネートのような透明の素材でできているので、そこまで保冷性はないかと思いきや、しっかり機能性はあります。

1リッターだと多いけれど、500mlだと少ないというときに絶妙な容量です。

ボディーが大きめですが、フックがついていて指に引っ掛けてブラブラ持ち歩くのが勝手にイケてる気がします。

このマグはちゃんとマットブラックなので指紋がつきません。

デメリットは

メリットだらけのスタンレーですが、デメリットもサクッと紹介。

大きくて重い

真空にしている層が広いのか容量の割りに大きく重量があって重いです。

同じ象印やサーモスのタンブラーと比べると、「え?この大きさでこの容量?」と大きさの割りに少ない容量なのでびっくりします。

スタンレーは登山では使えないので完全にキャンプで使いましょう。

登山ならモンベルのタンブラーの方が定評がありますね。

価格が高い

海外製なので仕方ないでしょうけどほんと高いです。

スタンレーの「これまでの歴史」と「機能性」と「デザイン性」にお金を払うと思って目をつぶりましょう。

長く使えば使うほど日割り計算をしたときに安くなるのでガッツリ使おうと思います。

ただ、これまで使っていた水筒は真空が抜けるのか分かりませんが、保温性と保冷性が3年ぐらいで落ちるんです。

スタンレーの真空ボトルは長持ちするといいのですが、どこまでもつか楽しみです。

スタンレーの真空ボトルをキャンプにデスクに

STANLEY(スタンレー)の魅力をお伝えしてきました。

これから買う方はぜひ参考にしてください。

お高めのスタンレーですがコストコに安くで売っていたりするらしいです。

ほとんどセールなど値引きされることはないので定価より安いスタンレーを見つけたら買いです。

キャンプだけでなく、普段使いもできるのでリモートワークのデスクや子どもの部活のおともにいかがでしょうか。

使えば使うほど魅了されてスタンレー商品がキッチンに増えることは保証しかねますのでご了承ください。