キャンプにケトルは必要か否か

キャンプで使うケトルといえば、インスタグラム界隈でよく見かける、グランマーコッパーケトルなどいい味を出していて、物欲を刺激されます。

ただ、グランマーコッパーケトルはなかなかいい値段するのとサイズ的に大きいので、コンパクトでかつリーズナブルなケトルとなると、トランギア か、イーグルプロダクツのケトルあたりが扱いやすいのではないでしょうか。

私自身は、トランギア のケトルを使っています。

ガンガン、ススがついてもお構いなし。

軽くてコンパクトで、注ぎ具合もお湯が垂れることがない、抜かりないキャンプ道具です。

ただ、最近ではミニマム化を進めているうちに、ケトルではなく代用できる何かを探し求めています。

お湯はそもそも、ヌードルを食べる時と、コーヒーを飲む時、焼酎をお湯割にする時、ぐらいにしか使いません。

ガンガン、火に入れられて、500mlぐらいのお湯が沸かせればいいかなと思うのです。

そうすると、ケトルではなくて、コッヘルで沸かせば良いのですが、なんかちょっと味気ない。

しかもお湯を沸かしたい時には、たいていコッヘルに料理が入っているか、使い終わって汚れているのです。

なので、やはりケトルのようにお湯を沸かすものが欲しい。

そこで、見つけたのがTANLEY(スタンレー) キャンプクックセット。

今現在、ケトルを探している人には、これ良いんじゃないでしょうか。

お湯も沸かせて、コップが2つセットになっている。

700mlなので、トランギア 600mlのケトルよりも多く沸かせます。

しかも、ケトルみたいに注ぎ口がないので、収納性も良い。

もう少し早く出会っていれば。。。

ステンレスでちょっと重いと言う方は、チタンで類似品もあるので探してみては。

ケトルという形は、愛らしくもあるのですが、汎用性のきかない形をしているので、こういったスタンレーのクックセットのようなものは色々と使えそうです。

ケトルはいるけれど、ケトルである必要はない。

ケトルとして使える、汎用性のあるクッカーがあれば良い。と言うのが、今の私の答えです。