なかなか覚えられなかった「もやい結び」をようやくこれで覚えた

もやい結び

もやい結びのやり方って、色々あって、意外に難しい。

キング・オブ・ノットと言われるぐらいなので、しっかり覚えておきたいところです。

きちんとした方法はGoogleで検索してもらうとして、自分なりに一番簡単にできる方法が見つかったのでご紹介。

ほぼ、左手だけでできちゃいます。

もやい結びの基本としては、長い方のロープで数字の6の形を作ることなのですが、これが下を通すか、上を通すか、というのが迷うところ。

これが、子ども達は混乱するようで、試行錯誤してみて、一番理解してもらったやり方が、この動画のやり方です。

ギターのリフのように何度もやってみて、手癖のように身に付けたいところです。

ちなみに、ハンモックを張るときは、もやい結びではなく、シベリアン・ヒッチの方が、輪っかが縮まって木に巻きつくので向いています。

もやい結びの使い方としては、タープのポールからぶら下げたロープの先に輪っかを作り、カラビナをかけてランタンをつるすのに使えそうです。

最近はロープワークが楽しくて、いろんなところにロープを張りたくてウズウズしているのは、ここだけの話。