モンベル の焚き火台を使ってみた!果たしてその実力は?

モンベル焚き火台

待ちわびていたフォールディングファイヤーピットという焚き火台をようやく手に入れたのでレビューです。

フォールディングファイヤーピットとは、モンベルから2020年春に発売された焚き火台のこと。コンパクトに畳めるシンプルさでありながら、二次燃焼の機構で燃焼効率を上げ、料理がしやすくファミリーキャンプにおすすめな一台です。

結論から言うと、この焚き火台はかなり良いです。

デザインはただの四角い箱なので色気がないけれど、焚き火台としてはこれで正解なのかもしれません。

昔、コムデギャルソンのベルトを買う時に店員さんが言っていた、

「ベルトは主役じゃない。洋服とそれを着る人そのものが主役なのだ。だから極限までシンプルにしてある。」

と。

その理論を焚き火にあてはめるなら

「焚き火台は主役じゃない。炎とそれを作り出すために薪をくべる人間が主役なのだ。」

って感じ?

まぁ、とにかく、それぐらいシンプルな焚き火台です。

モンベル の焚き火台

お店で初めて手にとった時には、思った以上に重たかったけれど、それを上回る良さがあるので、メリットを5つばかりご紹介します。

フォールディングファイヤーピットのメリット。

  1. 組み立ては一瞬
  2. コンパクトに畳める
  3. 二次燃焼が楽しめる
  4. かなり頑丈
  5. 調理がしやすい

もう、こんなにメリットがあれば、文句がありません。

ソロキャン には少し大きく重いので向かないかもしれませんが、ファミリーやデュオキャンにはベストでしょう。

組み立ては一瞬

面倒な組み立てを楽しむ人も多いと思いますが、他にやることがいっぱいあって、組み立てが面倒な人はこのモンベル の焚き火台(フォールディング ファイヤーピット)はかなりオススメ。

両側に開くワンアクションだけで形が出来上がり。

あとは、中にロストルを入れるだけ。

10秒もかかりません。

ほんと一瞬で組み上がります。

私は、当日の天気次第で思い立ってキャンプに行くこともあるので、到着が遅くなることもしばしば。

そんな時、テントを張ったり、椅子を組み立てたり、とセッティングに時間がかかるので、少しでも時短につながるのは嬉しいです。

最近、ヘリノックス の組み立ても面倒になってきて、カーミットチェア をバラさず、そのまま持ってきて、パッと開いてポン。で座ったりしています。

コンパクトに畳める

重さはあるものの、畳むと3.5センチぐらいの厚み。

かなり薄く畳め、専用の帆布ぽいトートバッグ もついてます。

小さな車でも、ちょっとした隙間に置けます。

ピコグリルには敵わないけれど、コンパクトさと重さでいうと、Mac book pro 15インチを2個持っているぐらいの感覚でしょうか。

モンベル の焚き火台(フォールディング ファイヤーピット)はよく出来ているので、似たような商品が中国あたりから発売されそうな予感です。

二次燃焼が楽しめる

二次燃焼はソロストーブの専売特許のようなイメージですが、これが一番の買う理由でした。

なかなか、焚き火台で二次燃焼ができる商品って無かったのですが、モンベルがやってくれたという感じです。

ボーンファイヤーもいいのですが、狭いマンション住まいにでは寝る場所がなくなります。

それに比べ、モンベルの焚き火台(フォールディング ファイヤーピット)はコンパクト。

買わない理由が見つかりませんでした。

ちなみに二次燃焼はというと、実感できるほどではないという感じ。

風による吸気や中の薪の状態などによるのかもしれませんが、上部に二次燃焼用の穴からは一部から少しだけ出ただけで、全ての穴から炎があがることはありませんでした。

たくさん薪をくべて、ガンガンに燃やせばいけるのかな。

それとも、下の穴から風を送り込めばいいのかな。

二次燃焼については課題が残ります。

ただ、明らかに煙が少なかったので、やっぱり見えていないだけで燃焼されていたのかもしれません。

いつもなら、焚き火臭くなるところが、ガンガン燃やしたにも関わらず、洋服に匂いがあまりつかなかったです。

しかも、しっかり燃えているせいか、焚き火台の下に灰が落ちることがないので、シートを引く必要はありません。

かなり頑丈

焚き火台の脚とボディが一体化しているので、剛性が抜群です。

脚は細いけれど、バランスも良く、安心して調理が出来ます。

おそらく、ダッチオーブン2個ぐらい乗せても大丈夫なんじゃないかなというぐらい。

側面も、二次燃焼用に二重構造になっていて、それが剛性を高めているのかもしれません。

ユニフレームのファイアグリルと同じくらいか、少し上ぐらいの安心感があります。

流石は日本製といったところです。

調理がしやすい

これは思いもよらなかったことなのだけれど、周りが囲まれているので、熱が全て上に登り、相当に熱くなるから、すぐにお湯が沸くし、BBQでも肉の焼け具合が半端ない。

ただし、周りは熱くならず、冬にキャンプするときは、上しか暖まらないと思うので、暖をとるには不向きかもしれません。

それでも、調理が格段にしやすくなったのは、かなりのメリットです。

ちなみに、アマゾンで買ったクッカースタンドの脚を外すといい感じに五徳になります。

モンベル 専用の五徳もあるのですが、焚き火を使わない時にはスタンドとして使えるので、オススメです。

しっかりしているので、ダッチオーブンを置いたり、重いturkのようなフライパンを乗せても良さそうです。

関連記事

ファッションのハイブランドって、なぜだかヨーロッパが多いんですよね。 フランスは、ルイヴィトン、エルメス、シャネル、ディオール、セリーヌ。 イタリアは、ブルガリ、フェンディ 、グッチ、プラダ。 ドイツは、、、、あれ? […]

モンベル の焚き火台

こんな感じで、買った薪もそのまま入るサイズです。

ただ、薪を1本まるまる入れると、左右での火力調整はしにくいですね。

また、網がしっかり枠にはまるので、炭を追加する際に網を外しにくいので、焼き網ハンドルを使うなどの工夫が必要かも。

ちなみに、テオゴニアで網を掴もうとするも、微妙に網の目にテオゴニアの先端が入らず、扱いにくかったです。

結局、これは買いか?

今回発売された、モンベル の焚き火台(フォールディング ファイヤーピット)はよく考えられたプロダクトだなと感じます。

いろんなツボが抑えられていて、他の焚き火台と比べると少々高めのプライシングですが、ファミリーやデュオキャンでかつ調理をするなら、買って損はないと思います。

店舗でもネットでも売り切れていて、入荷までに時間がかかると思いますが、運よく手に入れることが出来たならラッキーです。

あれこれ買い替えてきましたが、この焚き火台は長く使いそうな予感です。

モンベル の焚き火台でサザエを焼く

ということで、サザエを焼いて食べるとします。

フォールディング ファイヤーピットの仕様

【素材】本体・ロストル:ステンレス鋼/焼き網:スチール
【重量】4.1kg(4.3kg) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】-
【サイズ】高さ30×幅42×奥行き22cm
【耐荷重(静荷重)】約20kg
【収納サイズ】42×5×30cm
【付属品】焼き網、スタッフバッグ

価格¥16,900 +税