iGPSPORT iGS50Eはカジュアルだけどしっかり使えるナイスなサイコン

igpsport

自分の成長を記録するということは、学習にしても、スポーツにしても大事。

数値化するのは、もっと大事で、学生なら偏差値という数字に表れる。

自転車で言えば、距離と最高速度、パワーなどの数値がそれにあたるかな。

それを簡単に記録できるのが、サイクルコンピュータ。

一般的にはサイコンと略されます。

サイクルモード2019で、コスパがいいサイコンを発見し、iGPSPORT iGS50Eを使用しているのでご紹介します。

関連記事

子どもの頃は勉強嫌いだったのに、大人になってからは自主的に勉強するようになった。勉強と言っても、趣味の勉強だけれどね。今回も、自転車の勉強ということで、11月2日、3日、4日に開催されたサイクルモードインターナショナルに行[…]

サイクルモードのピナレロ

このiGPSPORTというブランドは、完全にガーミンを意識していて、iGPSPORTブランドのマウントにガーミンも取り付けができるんです。

もう、マウントだけでもいいから買ってね。という懐の深さ。

これはいろんな企業に見習ってほしいです。

中国企業の製品だけど、ヨーロッパなどでは結構プロもiGPSPORTを使っているようです。

確かに、説明書など、所々に中国語?が書いてあるのはそのせいか。

ただ、最近のアップル製品のように、最初のセッティングさえ終わらせれば、あとは直感的に使える感じ。

スピード、ケイデンス、距離、時間、など記録するには申し分ない商品になっています。

そこで、iGPSPORTを1年以上使用してみて感じたことをレビューします。

Sponsored Link

iGPSPORT iGS50Eのパッケージや内容物など


箱などはしっかりと丁寧に梱包されている感じ。サイコンとスピードセンサー、ケイデンスセンサー。

ゴムで取り付けるマウントも同梱しています。

センサー側にはボタン電池。1年以上使っても、未だ切れていませんので、結構持つようです。

iGS50Eのスピードセンサーは、前輪に取り付けます。

間違って後輪につけた場合、正常に数値が取れないようなので、要注意。

ゴムバンドで留めるだけなので、本当に簡単です。

iGPSPORT iGS50Eのメリット

Sponsored Link

質感がいい

チープなイメージの中華製ですが、むしろよく出来ています。

そして、持った時の手に収まる感じがちょうどいい。

なかなか、本気で作っている感じが伝わってきます。

視認性が良い

日中でも、夜でも、非常に見やすいです。

暗くなるとオートでバックライトが点灯する点も不要な操作がなくてうれしい。

今、使っているガーミンはバッテリーの消耗を抑えるためか、オン、オフは手動です。

Sponsored Link

コスト低め

価格設定が絶妙にいい。

性能と価格を考えると、買ってみようかなと思わせる価格。

アマゾンでもディスカウントされて売っているので、気になったら買えるレベル。

操作感がいい

物理的なボタンがあるので、グローブをしていてもしっかり使えます。

ボタンの押したフィーリングは、最近の車のハンドルについているボリューム操作のボタンぐらいの感じ。

触れたぐらいではオンオフならない、かと言ってそんなに力を入れなくても良いぐらいの、程よい感じ。

操作ボタンも、電源ボタン、保存ボタン、画面切り替えボタン、と3つ。

シンプルなところもツボです。

精度高め

iGPSPORT iGS50Eと、スマホのstravaで比較したところ、ほぼ同じだったので精度は高めではないでしょうか。

誤差はどの機器でもあるので、ナーバスになる必要はないかと思います。

iGPSPORT iGS50Eのデメリット

電池の持ちがイマイチ

ロングライドしたら、電池残量がわずかになるので、ちょいと焦ります。

せっかく、頑張って距離かせいだのに、消えたらたまんない。

機械的には厚みがあるので、もう少し強めのバッテリーを入れて欲しいところです。

センサーとのタイムラグあり

スピードメーターやケイデンスなどは、少しタイムラグがあります。

Bluetoothでつないているから仕方がないのかな。

自転車を止めてから、ワンクッション経ってからスピードが0になる。

まぁ、2秒もないので 許容範囲ですが、我慢できない人にはちょっとストレスかも。

接続が面倒

パッケージにはBluetooth対応とあるけれど、それは、スピードセンサーと、ケイデンスセンサーの接続にBluetoothを使っているもよう。

データを取り込むときは、いちいち有線でiGS50Eとパソコンをつながないといけません。

しかも、Type-Cではなく、従来のUSBなので、最新の機器とは接続しにくくなってきています。

ファイルのアップロード

その面倒なファイルのアップ方法を紹介。

iGPSPORT の専用サイトがあってログを取れるのだけれど、結局はstravaにアップするのが一番いいです。

ただし、これが少し不安定。

最初、エラーがやたら起きていて、やっぱダメなのかぁ、と諦めかけた時に、なぜか知らないけれど、データを取り込めました。

エラーが出た人も、何度かチャレンジしてみてください。

ちなみに、ストラバへのアップロードは、下記から。

https://www.strava.com/dashboard

一番上の右にある、プラスマークを押して、

strava

「ファイルを選択」にファイルをドラックする。

その後、保存を押して同期されます。

iGPSPORT iGS50Eのまとめ

iGPSPORT iGS50Eはプロも使っているぐらいだから信頼はできるし、使い勝手もいいです。

電池の持ちが少し悪いけれど、その前に走り切れ。ということで買って損はないと思います。

ガーミンを検討しているなら、是非iGPSPORT iGS50Eも候補にどうぞ。