ノコギリはアウトドアに欠かせないアイテム

今まで、ノコギリは工作をする時ぐらいにしか使ったことがなかった。

ある時、ホームセンターでふと目にとまったノコギリ。

コンパクトで、余計なデザインがなくて、なぜか気になった。

家に帰ってから、そのノコギリを調べてみると、結構、アウトドアで利用されていることがわかった。

やはり、僕の嗅覚は間違っていなかったんだ、と確信しそのノコギリを購入。

そのノコギリの名前は、シルキーのポケットボーイ

ノコギリなのに、かわいい名前をつけるじゃないか。

名前の通り、ポケットに収まるコンンパクトさ。

ネイチャーストーブとセットで持ち歩いている。

これまでは、大きめの焚き火台に、買った薪などを大胆に燃やしていたのだけれど、最近では小枝を拾って焚き火をする。

これは、つるの剛士のInstagramを見た影響。

買った薪を使うのもいいのだけれど、自然の中に落ちている、枝や木を使って焚き火をする、サバイバル感がなぜかグッとくる。

小枝といえども、太めのものは折るには大変。

そこで、ノコギリ。

ギコギコ切って、焚き火にくべる。

斧でもなく、ナイフでもなく、ノコギリ。

ポケットボーイのいいところは、コンパクトなだけでなく、角度が変えられること。

普通の角度のポケットボーイ
意外に使えるこの角度のポケットボーイ

意外にこれって、重要かもしれない。

足場や、対象物のある位置によって、角度を変えると使いやすい。

人気の理由は、よく切れるという以外の細かな仕様かも。

そんなこんなで、キャンプにノコギリはぜったいに必要。

はっきりいってノコギリの無いキャンプは、もう考えられない。

ポケットボーイ、オススメです。

ノコギリ
Follow us
>仲間募集

仲間募集

SOLLTではキャンプ、サーフィン、スケートボード、自転車、スノーボードについて記事を書いて一緒に盛り上げてくれるライターさんを募集しています。応募は、twitterよりメッセージくださいませ。お気軽にご応募おまちしております。