エアーマットは軽さとコンパクトさと快適さのいいとこ取り

アウトドア用品選びは難しい。

なぜなら、一般的な家具やキッチンツールを買うときには、条件として入らない、重さや、コンパクトさまで加味しなければならないから。

コンパクトで、軽くて、機能的で、デザイン性に優れているもの。

そんな条件を満たすものはなかなかない。

ハイエースなど大型の車を乗っている人は、重さとコンパクトさは求めないだろうけど、我が家のように、狭いマンションで、レンタカーライフな人は、どうしても、条件がプラスされる。

一旦買ったアウトドア用品も、より軽く、よりコンパクトなものに買い換えているのが現状。

マットも、然りということで。

我が家ではシルバーマットと以前レビューしたスポンジ素材のマットを使用。

以前書いた軽量EVAフォームのクッション性のあるマットのレビュー
https://sollt.com/camp/leisuremat

機能的に不便はなかったのだけれど、いかんせん保管するにも場所をとる。

で、ボロボロになってきたのを機に、マット探しを始めた。

やはり、探し出すとモンベルのマットに行き着く。

ただ、コスト的に、家族分買うとそこそこの金額になるので、似たような廉価版を探す。

Amazonはご存知の通り、意図する商品が安くで買える。

シュプリームの靴が2,880円で売っていたり、グッチの財布が1,980円で売っていたり。

まぁ、いわゆる、〇〇ぽいっていうやつだけれど。

それでもって、種類が豊富だから選ぶのに悩む。

シュラフの下に敷くマットにはいくつか種類がある。

  • インフレータ式マット
  • エアマット
  • シルバーマット
  • 布団
  • レジャーマット

より軽量化、よりコンパクトを考えたら、エアーマット一択になる。

そこで、見つけたのが、これ

コンパクトなエアーマット

思った以上にコンパクトなマットだ

その分、重さは少しずっしり感がある。

空気穴があって、口で膨らます。

自動膨張ではないから、20回ぐらいフゥ〜フゥ〜すると、出来上がり。

寝るときに、勢いよく寝ると弾けそうなので、ゆっくりと寝転がる。

このマットは座ると一点に力が加わるから底つきするけれど、寝転がるとふんわりとしたマット。

ふんわりというか、プニョプニョした感じか。

大抵、酔っ払って寝るから、地面の石でゴツゴツしなければ問題ない。

エアマットの仕様

荷物がたくさん運べる人は、マニフレックスを持っていくのが寝心地は最上級だろうけど。

エアマットと軽量EVAフォームのマットの、どちらが寝心地良いかは微妙な差なので、コンパクトなエアーの方をオススメします。

マットの種類は豊富なので、また他にも買ってみてレビューしてみます。

エアマット
Follow us
>仲間募集

仲間募集

SOLLTではキャンプ、サーフィン、自転車、スノーボードについて記事を書いて一緒に盛り上げてくれるライターさんを募集しています。応募は、twitterよりメッセージくださいませ。お気軽にご応募おまちしております。