透明度が高い琵琶湖まで徒歩0分!青柳浜キャンプ場は教えたくないけどレビューしちゃおう

青柳浜キャンプ場

SNSというものが現れてから、食事をして美味しかったお店、使ってみて良かった物などをシェアする時代に。

でも実際には、本当に良かった物は教えたくないじゃない?

単に私自身の独占欲が強いだけかな。

今回のキャンプ場は、良かったので本当はあまり教えたくないキャンプ場。

と言っても、フツーに知ってるよ。と言われそうだけど、お気に入りのキャンプ場の候補に入ったので、地味に紹介します。

その場所は、滋賀県の青柳浜キャンプ場

本当はマイアミ浜オートキャンプ場に泊まりたかったのだけれど、予約がいっぱいで、ネットで探し回った結果、ここを見つけた。

コロナ騒ぎが始まる前の冬で、まだ人も少なかったので、ラッキーでした。

そんな青柳浜キャンプ場の良いところをちょっとだけ紹介。

Sponsored Link

管理人さんが優しい

受付のおやっさんはすごく優しく、柔軟に対応してくれる。

キャンプ場って、言ってみれば1つの村で、管理人さんはその村長さんのようなもの。

その村長さんがいい人か、無愛想かによってそこでの暮らしが大きく変わってくる。

ここは、本当に居心地がいい。

ここが管理棟。

海の家っぽくて雰囲気出てるね。

全体的に区画が広い

ファミリーだと、テントとシェルター とタープなど複数を設置する場合もあるので、区画が広いのは嬉しい。

大型テントやシェルター でも、全然余裕なぐらいに区画が広い。

我が家は小さなテントなので問題ないけれど、DODのカマボコテントやレイサ 6とかだと大型で場所をとるからね。

この日は既設のテントかと思うぐらいに、偶然にも4カマボコ見られました。

また、隣のサイトとも気にならないぐらいに距離があるため、プライベート感があります。

区画が広くて、良い感じに接しているから、グループでも使いやすい。

実際、私たちは、3家族で楽しくキャンプしました。

Sponsored Link

適度に木が生えていて雰囲気がある

サイトによっては木が生えているところもあり、ハンモックを設置できそうな場所もいくつか。

DDハンモック を持ってくれば良かった。。。

湖や海の近くには、やっぱり松の木が似合います。

しかも、松ぼっくりは着火剤にも使えるし、キャンプ場の雰囲気はも演者のうちなんです。

ファミリーが多くて安心

冬のキャンプは、ストーブをテント内に入れ込んで、ヌクヌクとファミリーで楽しむ姿が多い。

子どもは暑がりだから、半袖、短パンでその辺で拾った枝を振り回しながら走り回る。

大人は、焚き火やストーブで温まりながら、ビールを飲む。

そんな、どこにでもある光景ですが、こういうのが安心します。

Sponsored Link

琵琶湖の透明度が高い

琵琶湖というのは北に行けば行くほど、キレイになり透明度が高くなる。

それは、周辺地域の人口密度と比例しているのだと思うけど、この青柳浜キャンプ場ぐらいから、透明度が高くなってくる。

青柳浜キャンプ場

あまり人が立ち入らない場所だからか、ゴミなども少なく、本当に水がキレイ。

まだ、寒い時期だから誰も泳いでいなかったけれど、夏になるとみんな泳いで楽しむのだとか。

そりゃそうでしょう。

寒くても、泳ぎたくなるほどの、透明度ですから。

景色、雰囲気が最高

向こう側に見えるのは、富士山ではなく、近江富士。

富士っていうほど、大きくないのだけれど、形がキレイなのでそう呼ばれている。

その近江富士が琵琶湖をはさんで見える。

さすがに、洪庵キャンプ場みたいに、本栖湖越しに見える富士山には到底敵わないけれど。

それでも、なかなかの雰囲気なんです。

琵琶湖がすぐそばで、ほとんどの区画から琵琶湖が見える

対岸はおそらく、近江八幡かな。

夜になると、あちら側のあかりも見えて雰囲気が良い。

高規格ではないけれど、この素朴な雰囲気がツボです。

日の出が美しい

青柳浜キャンプ場は、琵琶湖の西側に位置するため、日の出が見ることができます。

この日はあいにくの曇り空だったので、すっきりは見られませんでしたが、それでもキレイな太陽が拝めました。

琵琶湖の水際で、チェアを置いて、のんびり朝日を待つのもなかなかオツです。

普段、目覚ましがなっても起きられないのに、こういう日は目が覚める。

都合の良い、まぶたです。

その他、青柳浜キャンプ場の場内

昔ながらの井戸水があったり、いろんな思いの詰まったキャンプ場という気がしました。

車で行って、1泊すると5,000円。タープを張るとプラス1,000円という感じです。

カマボコテントなどは5人用のテントになるのかな?

大きな2ルームがお得な気もしますね。

入り口はここ。

ズンズン、入って行ったら受付があります。

ゴミも捨てて帰れるから嬉しい。

最近は、ゴミ持ち帰りというキャンプ場も多いですからね。

まとめ

色々と良いキャンプ場を経験しているだけに、帰りに気分が満たされるキャンプ場というのは意外に少ない。

そんな中でも、琵琶湖が望めるこのキャンプ場が見つかって本当にラッキーだった。

これまでに行って良かったキャンプ場を挙げるとするならば、ベスト5に入るかな。

早くコロナが収まって、みなさんが楽しめますように。

青柳浜キャンプ場
http://www.aoyagihama.jp/