ベタだけどチタンシェラカップ は買うべきアイテム

キャンプを初めて3年ぐらい買うのを迷っていたシェラカップ 。

Francfrancのプラスチックのカトラリーを知り合いにプレゼントされてから、ずっとそれを使っていて、特に不便がなかったから、というのが買わなかった理由。

シェラカップ

当時は、シェラカップ なんて単なる器だから特に必要もないと思っていました。

関連記事

シェラカップとは、コップやお皿、鍋としても使える万能な器のこと。このシェラカップ、万能でかつ荷物が減るのでアウトドアを始めたらなぜか欲しくなるギアのうちの一つです。 シェラカップの使える用途として コップとして使える 持ち手が少し長いで[…]

シェラカップ

たまたま、ワイルドワンのポイントが1800ポイントぐらい貯まって、ちょうどチタンのシェラカップ が買えるぐらいに。

一つだけ買ってみて使用感を確かめたのですが、結局3つ買い足して、家族分を全部揃えました。

結論から言うと、これは必ず買うべきアイテム。

しかも、材質はチタンの一択。

チタンの理由としては、シェラカップ って、調理をしたり、測りとして使用したり、お玉の代わりにしたり、色々と用途があるけれど、結局のところメインは食事に使う。

そして、この食事するときにチタンは熱伝導が少ないので、口が熱くなりにくいと言うのが理由。

アルミやステンレスだと、唇がくっつくんじゃないかと言うぐらいに、めちゃくちゃ熱くなる。

これは、スノーピークのクッカーで実証済み。

流石にシェラカップ を火にかけた直後は熱いけれど、1分も経てば口がつけられる。

そして、錯覚なのか、いい具合に上に広がっているせいか、意外に容量がある。

よく考えられたものだなぁと感心。

バーベキューをするときには、焼肉のタレを入れて取皿にし、朝食などでは、鶏肉のトマト煮込みなどを入れて使ったりする。

洗うときにも、表面加工がされているのか、ドロドロの油汚れも、さらっと落ちる気がする。

プラスチックの器なんか、ヌルヌルがなかなか取れなくて洗うとき苦労するもんね。

一度、コーヒーも飲めるってことでバーナーに直接乗せて温めて飲んだことがあるけれど、飲みにくいし、底が狭いので温まりにくいから、飲み物としてはあまり使わない。

三つ星キャンプのケンさんは、よくシェラカップ でお酒を飲んでいるのをテレビで見るけれど。

スタッキングができるのは当たり前として、シェラカップ を重ねるときの音がたまらなくキャンプ感があっていい。

取手がある割に、4つ重ねた場合もあまりかさばらないのがGOOD。

指をひっかける曲線がうまく考えられていて、安定するようになっている。

王道はスノーピークのシェラカップ だろうけど、ここはあえてユニフレーム のシェラカップ 。

比較サイトなどでは、スノーピークの方がいいと言う人もいるけれど、全然ユニフレーム でも問題ないです。

シェラカップ があるだけで、キャンプがかなり快適になったので、もっと早く買っておけば良かったと思うアイテム。

ちなみに、自宅でもたまにお酒を飲むときは、ナッツなどをシェラカップ に入れて器として使ったりしています。

キャンプを豊かに演出してくれて、実用度の高いチタンシェラカップ は絶対買うべきアイテムとしておすすめします。