東京に来てから、東京の人はキャンプをするのだろうかと、疑問に思っていた。

駐車場は高いし、車を持っていない人も多い。

キャンプってなかなかハードル高いんじゃないの?と思っていたけれど、不思議な事にSOLLTは東京都からのアクセスが多い。

はたしてキャンパーっているのだろうか。

そんな疑問をいただきつつ、我が家から最短で行けるキャンプ場、若洲キャンプ場に行ってみた。

レンタカーを借りて、荷物を積んで、いざ出発。

若洲か、豊洲か、舞州かわからなくなる時があるけど、最近出来たばかりだから若い州と、勝手に覚えるようにしている。

由来の詳細は、調べてね。

当日は、11月下旬で、天気予報が雨ということもあって、あっさりと予約がとれた。

天気が良くて、いい季節には予約がとれないらしいから、要注意。

 

ゴルフ場の脇を通って、若洲キャンプ場へ到着。

駐車場代500円を払ってから、車をとめて受付へ。

一旦入ると、途中で買い出しに行って戻ってきた時には、また500円が必要だから注意。

駐車場からすぐの建物で受付をする。

使用料金 大人600円 子ども(小・中学生)300円。

江東区立なので、格安

予約した段階で、どんなテントとタープを使うかを申告しているため、それによってサイトが決められている。


そこまでは、リヤカーに荷物をのせて運ぶ。

キャンプ場内には、寒い季節で雨も降っているのに、20組ぐらいのキャンパーがいたかも。

やはり、都内でもキャンプを楽しむ人がいることが判明。

当日は雨が降っていたので、サクッとタープをはる。

その後、テント。

久しぶりにキャンプに来てみると、テントを立てて寝床をつくるという行為が楽しいと改めて実感。

運良く雨も上がったので、キャンプ場内を散策。

江東区シンボルマークの説明まで丁寧にしてあります。

あぶないから、入ってはいけない池あり。

芝とか、木々もキレイに手入れされている感じ。


洗い場、かなり広くて持て余していました。

夏場の人が多い時期は、混雑するのだろうか。

テーブルがあったり、洗い場も広かったりと、さすが都内にあるキャンプ場で、きちんと整備されています。

ピザでも焼けそうな、釜。

ベジータの肩パッドのような建物はトイレ。


みなさんが気になるトイレもキレイ。

トイレットペーパーが2つも付いていて、さりげなく3つ予備も置いてあるところあたり親切だね。

若洲キャンプ場には、夏は蚊が多いらしいけれど、11月なので虫は全くおらず。

 

受付から見て、若洲キャンプ場とは反対の方に、ちょっとした遊具などあり。

キャンプ場内ではボール遊び、フリスビーなど禁止だから、ここで遊びましょう。

こういうの、子どもは好きでしょう。


何が面白いのか、ひたすらやってますよ。

ボルダリングまがいの遊具。大人もやりたくなってしまいます。

この風力発電の風車が異彩を放っています。

当日は、風がきつくて、すごい勢いで回っていました。

だいぶん発電したんじゃないかな。

東京ゲートブリッジが若洲キャンプ場から見えます。

ゲートブリッジのふもとには、釣り場あり。多くの釣り客で賑わっていました。

早朝なので閉まっていましたが、レンタルなどのショップがあります。

釣り具の自動販売機は生まれて初めて見ました。

サビキのエサから、道具まで色々とそろっていそうです。

海からは富士山が見えます!

結構はっきり見えて、感動。

羽田から飛び立ったものと思われる飛行機も見えます。

この写真だけ見ると、バリのようでしょう。

これはハワイっぽい?

こんな景色が見えるなんて、次の日の朝まで知らなかった。

朝日が海の向こうに見えるので、早起きをオススメします。

ちなみに、夜はディズニーランドの花火なんかも見えますよ。

こんな感じで、キャンピング。

となりが駐車場で明るいため、ランタンは2つで十分。

荷物が多くなるから、持っていくのをためらった、灯油のランタン

持ってきてよかった〜。

スノーピーク アメニティードームMの前室はまぁまぁ広めでこんな感じ。

 

以上、若洲キャンプ場のレポートでした。

また、行くかとなると、う〜ん、、という感じ。

ゲートブリッジを通る車の音と、駐車場に集まる車やバイクのうるささが、気になって仕方なかった。

ムダに吹かすバイクや、走り屋風の車の音が、眠りを妨げる感じ。

アルコールをしっかりととって、耳栓をしていれば良かったかな。

僕のようなナイーブすぎるキャンパーは、やはり道路のそばはダメなようだな。

施設がいいだけにもったいない。

 

それでも、冷え込む朝に散歩したら、海から富士山が見えたり、朝日がみえたりと、自然を感じることもできる。

まぁ、なんだかんだでまた行くかもね。

近いから。

レンタカーを返す時に満タンにしてみたら、180円分しかガソリンが入らなかった。

それぐらいに近いというのは、若洲キャンプ場のメリットかな。

若洲キャンプ場情報

所在地
東京都江東区若洲三丁目2番1号

お問い合わせ
東京港埠頭株式会社 若洲公園キャンプ場(キャンプ・BBQ・貸自転車に関すること)

住所
〒136-0083 東京都江東区若洲三丁目2番1号

電話
若洲公園キャンプ場:03-5569-6701

開園年月日
1991年7月6日(東京都立若洲海浜公園キャンプ場)
2006年4月1日(江東区立若洲公園)

開園面積
5.5ha(キャンプ場)
3.2ha(多目的広場)