調理器具が増えてしまいがちなキャンプでは、できるだけ荷物は減らして行きたいものですね。

パスタを作るなら麺をゆでる用の鍋と、ソースを作る用のフライパンが必要ではないでしょうか。

ガスコンロが2つあるなら便利だけれど、荷物も増えるし、洗い物も増えるし、ガスもたくさん使うし…。

時短できて、ガスも水も節約できて、それでいて本格的な料理が食べたい!

そんな人にオススメ!!

今回はすき焼きに使う鉄鍋一つで作るトマトパスタをご紹介します!

これは、高知のキャンプ場で連泊した時のメニュー。

初日の夜はすき焼きを食べ、二日目に軽めの料理ということでトマトパスタに。

この時のキャンプに持って行った調理器具はこんな感じ

鉄鍋
オタマ
バーベキューコンロ
ガスコンロ
ヤカン
まな板
包丁
バット

鍋類は鉄鍋一つでチャレンジしてみました!

このレシピの最大のポイントは、パスタを水にひたしておくこと。

そう、「水浸けパスタ」です。

水つけパスタ

この技を使えば麺をゆでることなく、鉄鍋一つで本格的なトマトパスタができるんです!

材料 ※分量はお好みで

・乾燥パスタ
・水(パスタが水に浸かる量)
・玉ねぎ
・にんじん
・しめじやマッシュルームなどのキノコ類
・ベーコンかウインナー
・ホールトマト
・にんにく
・オリーブオイル
・固形ブイヨン
・塩
・コショウ

作り方

①水漬けパスタの準備

タッパーやバットなどにパスタを入れ、水を入れる。(パスタが全部水につかるまで)
1時間以上置いておく

②具材のカット

玉ねぎ、にんじん、ベーコン類を同じくらいの大きさの細切りにする。
キノコ類も大きさを合わせておく。
にんにくはみじん切りに。

キャンプ場で切るのが面倒なら、これら全て家でカットしてジップロックの袋に詰めて持ってきてもオッケー。

③ソース作り

  1. 鉄鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを炒める
  2. ベーコンやウインナーを入れて炒める
  3. 硬い野菜から入れて炒める
  4. 塩コショウも適当に入れる
  5. しんなりしたらホールトマトを投入
  6. 固形ブイヨンや塩コショウで味を整える
  7. 最後に水を切った水漬けパスタを絡めてひと煮立ちさせたら完成!

 

常温でも美味しく飲める赤ワインにもぴったり!

水浸けパスタは、麺をゆでることなくもっちりと生パスタのように仕上げられるので、キャンプだけでなく普段料理にもオススメです。

是非お試し下さい♪

 

こちらの記事もあわせてどうぞ

キャンプでオススメの簡単料理 〜カレーフォンデュ〜