お茶会に誘われることがたまにあるのだけれど、けっきょくは怖じけづいて断っている。

何やら、お作法がむずかしそうだし、絶対に正座で足がしびれるのはわかっているから。

たぶん、5分ともたない自信はあるね。

 

実を言うと茶道のお作法とかはほとんど知らないのに、茶筅や抹茶椀、茶杓などの道具は持っている。

和なモノを好んでいた時期にそろえたものだ。

チーズをあてにワインを飲むように、ごくたまにかりんとうをあてに抹茶を飲んだりしている。

点て方は知らないけれど、シャカシャカしたらだいたい美味しい抹茶ができるからそれで満足している。

友達が自宅に遊びに来て、酔っ払った時なんかはシャカシャカしたりもする。

ひとしきり飲んだ後は、ダマになっていても気づかれないし、おいそそうに飲んでくれるからうれしい。

そんな素人茶道を、満開の桜の下でお花見しながらしたこともある。

屋外でお茶を点てる、野点もおつなもの。

思い返せば、いちばん心に残っているお茶かもしれない。

屋外でゴザ敷いてお弁当を食べているので、ちょっとしたアウトドアかな。

 

そんな経験もあってか、キャンプでの野点にあこがれる。

「毎回やっているよ」というぐらい、好きな人もいるかもしれない。

スノーピークやモンベルなどから茶道具セットなるものが販売されているから、人口的には少ないながらにもいるのだろうな。

野点セットってコンパクトにまとめられていて、すごく便利そう。

おそらくコーヒー好きな人がわざわざ外で豆を引く感じに似ているのかな。

家でやることをわざわざ外でやることがキャンプの醍醐味だからね。

ファミキャンなどをしている人は、お茶会を開いてもいいかもしれない。

お茶会という名のキャンプ。

キャンプでお茶会なら、チェアに座りながらでいいから、足も楽だしね。

キャンプならお湯と器はあるだろうから、お抹茶と茶杓があれば、お茶はどこでも点てられる。

その時は、お茶菓子を忘れないようにね。

お菓子は、チョコやまんじゅうなど、甘めのものをおすすめします。

寒くなればなるほど、あたたかいお茶がおいしく感じるはず。

利休になったつもりで、シャカシャカやってみてはいかがでしょう?