最近始めた一人暮らしですが、まず食事用のテーブルがいるということであれこれ探していました。キャンパーなので、やっぱり行き着いたテーブルはキャンプ用の超軽いソフトな天板のレジャーテーブル。その使い勝手をレビューします。

テーブルにはこだわりがあって、やっぱり一枚板だなぁ〜とか、やたら大きいのがいいなぁ〜とか、色々と迷っていたのですが、キャンプ用レジャーテーブルを家使いすることにしました。

今までファミリーで使っているキャンプ用のレジャーテーブルは大きく重いので、その反動かコンパクトで軽いのを調べていると、今まで敬遠していたソフトな天板のレジャーテーブルが候補に。

あまり気がすすまないけど、ものは試しとAmazonで買ってみました。

「天板が固くないと、モノが置けないでしょう〜」

と、思っていたのですが意外や意外使えるんです。

というか、なぜ今まで、このレジャーテーブルをスルーしていたのか後悔すらしてしまいます。
思い込みというのは、恐ろしい。。。

そのソフトレジャーテーブルのメリット、デメリットを2つづつ。

ソフト天板レジャーテーブルのメリット

メリットその1

ヤマトさんから配達されてきた荷物を受け取ってびっくり。

なに?この軽さ!

ちゃんと中身入っているのかな?と不安になるぐらい軽いんです。

体感的にはプリングルスぐらいの軽さです。

 

メリットその2

そして、このレジャーテーブルの良い点はズバリ、コンパクト!

キャンパーにとってこれほどおいしい言葉はありません。

大抵、Amazonから送られてくる箱はデカイのですが、その箱からしてコンパクト。

箱を開けて実際の小ささに、さらにびっくり。

なに?この小ささ!!

そう、大きさは例えるなら、あなたがいつもパン屋さんで買うバゲットぐらいの大きさです

パーツはこれだけ。
これが果たしてテーブルになるのか?というぐらいコンパクトです。
なにか部品、足りてなくない?って最初は思いました。

 


アルミの軽量な骨組みで、シンプルな構造。
説明書がなくても組み立てられます。

 


メッシュポケットも付いていて、スマホなど入れれます。

 


MacBook Air13インチを置くとこんな感じ。

高さは、身長170弱の私があぐらをかいて座って、みぞおちぐらいの高さ。実際に、記事を書くのも、このソフトレジャーテーブルで書いてます。
パソコンするには、ちょっと位置が高いけど。

 

ソフト天板レジャーテーブルのデメリット

デメリットその1

ただ、これは安いだけあって強度はなく、安心感はありません。

決して、ダッチオーブンなんかは置かないでください。

アルミの骨組みが折れちゃいます。

デメリットその2

そして、熱に弱いです。

ソフトな天板が溶けちゃいます。

鍋なんかを置くときは、必ず鍋敷きが必要ですね。

ただ、このデメリットはイメージであって、実際に試したわけではないので、ダッチオーブンを置いて使っている方は、報告いただければ幸いです。

まとめ

重さや熱には弱いけれど、焼肉のタレを置いたりビールを置いたり、ちょっとした食材置きには丁度良いです。

キャンプ用のレジャーテーブルも大きめのを買うより、この小さめのを2つ買う方が、使い勝手が良さそうです。

そしてなにより、家でも、キャンプでも使えるのは嬉しいですよね。

コンパクトで軽いため、リュックに入れて登山にでも持っていけるので、軽量なチェアと組み合わせて使えば最強です。

超軽量で家でも使えるソフトレジャーテーブルでした。

 

安心を求めるなら、やはりヘリノックスでしょう。