近所のモンベルに行くたびに、ヘリノックスのチェアワンに試し座りしては、あれがいいか、これがいいかと、物色しては買えずにいた。

アウトドアチェアだけど、なかなかの金額だからね。

近々キャンプに行く予定があるので、ようやく重い腰を上げ、チェアを新調することに。

Amazonでアウトドアチェアを見ていると、ヘリノックスに似たようなコンパクトチェアがわんさか。

いろいろなレビューがあって、どれを参考にしたらいいのかわからないぐらいに賛否ある。

評価が良くてヘリノックスの3分の1ぐらいの価格なら、いっそのことこれでもいいかと思ってしまう。

それでも、やっぱり本物も知っておきたいということで、比較のために両方買うことに。

注文から2日後に両方が届き、Amazonのすごさを感じる。

せっかくなので、真面目に比較してみます。

ヘリノックスとMOTOMO大きさを比較

コンパクトチェアの比較

物色した中で、レビューが良くてヘリノックスに合いそうなカラーのMOTOMOというチェアを購入。

写真では少しヘリノックスチェアワンが大きく見えるけれど、サイズはほぼ変わらず。

意外にもMOTOMOのフォントやロゴの感じも主張しすぎていなくて嫌いじゃないな。

総重量の比較

コンパクトチェア

実際に測ってみた数値
ヘリノックスのチェアワンの総重量は956g
MOTOMOチェアの総重量は859g

と重さは意外にもMOTOMOチェアの方が若干軽い。

カタログ数値
ヘリノックスのチェアワンが993g
MOTOMOチェアが880g

なぜ、こんなにもカタログと実際が違うのだろうか。

まあ、重めに書いてあるからいいのだけれど、不思議。

フレームの重さ比較

ヘリノックスチェアワンのフレームの重さ

MOTOMOチェアのフレームの重さ

ヘリノックスのチェアワンのフレームの重さは578g
MOTOMOチェアのフレームの重さは577g

なんと、誤差は1g

ヘリノックスチェアワンのほうがフレームは太くて丈夫そうだけれど、同じ重さということは、軽量にできているということか。

ヘリノックスのフレームを止めている輪ゴムが少し太いのでひょっとして全く同じかも。

座面部分の比較

ヘリノックスチェアワンの座面の重さ

MOTOMOチェアの座面の重さ

ヘリノックスのチェアワンは318g
MOTOMOチェアは225g

やはり、座ってみてもわかるけれど、ヘリノックスチェアワンの方が生地が厚い分少し重め。

ヘリノックスチェアワンとMOTOMOの比較

それにしても、組み立ててみると見た目はほぼ同じ。

ここまで似せているのは、珍しいかもしれない。

フレームの形から、布の縫い方まで似ている。

買っておきながらも、申し訳ない気持ちにさえなる。

これで、価格は約5倍の差!

もう、なにがなんだかわかんない。

ケースも比較

ヘリノックスとMOTOMOのケースの比較

ケースの持つ部分まで同じ。

MOTOMOのケースも、チャックにはYKKをつかっていてクオリティは高いように感じる。

ここまで類似していると、中国のミッキーと同じく「パクっていません」といっても通用しないレベルだね。

こちらとしては、ありがたいのだけれど。

総評

子どもに、ヘリノックスチェアワンとMOTOMOチェアを並べて見せて、

「どっちがいい?」

と聞くと。

すかさず、MOTOMOチェアの方を選んだ。

第一印象では、フレームの青さやカラーリングなどがカッコよく見えたようだ。

座って少し体を揺らしてみると、MOTOMOチェアはフレームが細いからか弾力があってしなる感じがする。

しかし、座った感じはほぼ変わらない。

このフレームで、ほんとうに壊れないのだろうか?という不安は両方ともにあるけれど。

 

どちらも長期間使用したわけでないので、良いか悪いかは、実際に3年ぐらい使用しないとなんとも言えない。

ヘリノックスチェアワンの形って、ビールを置いたり、ひじを置いたりする場所がないのがデメリットかな。

まぁ、そんなデメリットを覆すぐらいにコンパクトで軽いから文句はない。

ちなみに、ヘリノックスは盗難にあいやすいらしい。

高価なのがわかっているから、転売しやすいとか。

気をつけねば。。。

早く、チェアをデビューさせたくウズウズしている、キャンパーでした。

MOTOMOのチェアはこちら

ヘリノックスのチェアワンはこちら