たき火台は定番のユニフレームのファイヤーグリルを愛用していたのだけれど、狭いマンションに引っ越すにあたって泣く泣く手放してから、しばらくが経ちました。

でもやっぱり、「たき火ができないキャンプはキャンプじゃない!」ということでコンパクトなたき火台を購入。

Kalili というブランド?のたき火台です。

ユニフレームにも似たような商品がありますが、このKaliliというたき火台は激安で2,000円を切ります。

ホームページにはバーベキューコンロと書いてありますが、バーベキュー用の網は乗せられませんので要注意。

ほんと、コンパクトすぎてびっくりします。

コンパクト&軽量でしっかり楽しむ、を目指す私のキャンプスタイルにピッタリです。

釣竿のケースみたいなのに入ってます。取り出しやすいようにか分かりませんが、開けたらこんな感じ。

足の部分は、ファイヤーグリルと同じ構造。

それぞれの足を互い違いに傾けていきます。

ユニフレームのたき火台と比べると少し頼りなさはあるものの、ダッチオーブンを乗せるわけではないので、そこまで強度はいりません。

展開するとこんな感じ。

この小さなピンで、足の部分と網を連結させます。


ピンをつまみながら、網と足に差し込みます。

連結にちょっとコツがいるかもしれませんが、直感でわかるでしょう。最近の傾向でしょうか、iPhoneのように説明書は付属していません。

基本的に、たき火台なのでバーベキューはできません。

ひたすら薪をくべて、火を楽しむだけのものです。

それでも、調理はしたいということで無理やり、薪でバランスをとり飯盒でご飯を炊きます。

男前グリルプレートも乗せて肉を焼きます。

ファイヤーグリルと違いバーベキュー用の網は乗せられないがゆえに、なんとか工夫して調理するのが楽しいですね。

後片付けは、下の網を洗うだけ。

メンテナンスも楽チンで、コンパクトで、しっかりたき火が楽しめました。

買って良かった品ですが、網がどれくらいの使用頻度に耐えられるかが気になるところです。

たき火台を使い込む幸せについても書いてますので、どうぞ。

サイズ 使用サイズ:約415×415×300(高さ)mm 収納サイズ:約φ60×650mm
重量 約900g
材質 メッシュシート : 特殊耐熱鋼   スタンド : ステンレス鋼
商品重量 1.1 Kg
梱包サイズ 66 x 8.5 x 8.5 cm