キャンプ場で連泊するなら宿泊費は安い方が断然いい。そんな希望に応えられるのが、滋賀県の大津市比良げんき村キャンプ場。

さっそくですが、価格から見ていきましょう。

image
kakaku_genkimura
http://genkimura.blog.eonet.jp

県内の方が優遇されていますが、県外の方でもかなり安いです。

滋賀県は大阪、京都からのアクセスが良く、キャンプ場の相場としては高めですが、比良げんき村キャンプ場はリーズナブルです。

ちなみに、駐車場代はかかりません。

これだけ安いと、食材にコストをかけれますね。
ちなみに、滋賀県の大津で肉を買うなら、お肉のげんさんがオススメ。

それでは、施設を見ていきましょう。

受付はプラネタリウムの館で

image
受付はここ。
星を見るために遠方から来られるとか。プラネタリウムの館とありますが、入って左側に受付があります。

車は、テントサイトの近くまで行けますが、荷物を降ろした後は受付近くの駐車場に停めなければなりません。

歩いて、テントサイトまで行きます。

image image

子供が遊べる遊具がたっぷりあります

image

かなり長めのすべり台

imageimage

ターザンごっこできそうな遊具

image

海賊ごっことかできそうです

image

あまり跳ねないトランポリンだけど子供はこういうのでひたすら飛び跳ねています

IMG_1883

これは、大人でも登りたくなるロープでできたジャングルジム。かなり高いので高所恐怖症の人は要注意です。ちなみに、この一番上まで登ったところが、最高の景色だとか。登らなくても琵琶湖は一望なので気持ちがいいです。

キャンプサイトの設備

image

屋根のあるフリースペース。雨の日はここに避難できるから安心。

 

洗い場やトイレの設備

それでは洗い場を見ていきましょう
image

洗い場はかなり広いです

imageIMG_1564

夜になると当然ならがしっかり明かりもつきます。宿泊者が少ない時には電気が消えている時があるので、柱にあるスイッチで灯りをつけましょう。
image

注意書きは当たり前のようなことが書いてあります。ルールはしっかり守りましょう。

16区画あるテントサイトをまるごと紹介!

IMG_1636

なぜか7と14がないので16サイト

image

上の方だけどトイレが近いので便利かも

image

image

image

4番はテントサイト前にテーブルとイスが設置してあります。ここでご飯も食べられますね。

image6

5と6が一番広いです。グループにも最適ですね。テントを5つ張って泊まった人もいるとか。

image

8は狭いけれど、洗い場とトイレが近いです。

image

image imageimage

image

imageimage imageimage

 

image

鹿は良く出没するそうです。ちなみに「ギャー」という鳴き声は鹿です。

 

しっかりと楽しんできましたよ

image
imageimage

 

キャンプ場近くにある楊梅の滝がきもちいい

比良げんき村キャンプ場から歩いていける距離に滝がありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。夏の暑い日には冷たくてとても気持ちいいです。

image imageimage image image image image image

IMG_1634

161号線を南から北上し比良げんき村キャンプ場側に左折するときは看板が出ていますが、少しわかりにくいです。

写真先の信号を左折です。初めての方は減速しゆっくりとどうぞ。
〒520-0501 滋賀県大津市北小松 1769-3
大津市比良げんき村
TEL 077-596-0710

これだけ遊べて、数百円の金額ならコスパがいいとしか言いようがありませんね。
ぜひ、比良げんき村キャンプ場へ足を運んでみてはいかがでしょう。