「家族みんなでキャンプでもしよう!」と考えた時に、一番最初に検討するのがテントではないでしょうか。

頻繁にキャンプをしようと考えている人は、コストのことも考えると、レンタルよりも自前のテントが必要になってきます。

なにはともあれ、テント!ということで、テントの選び方をご紹介します!

 

はじめてのテントの選び方

実際に「どんなテントを買えばいいのか」が多くの方の悩みどころではないでしょうか。

それもそのはず、テントの種類やメーカーがたくさんあるわりには、家電量販店のようにショップもなかなかありません。

実際の素材感や、大きさなど、現物を見ないとわからないのですが、ネットで調べてみると沢山の種類やメーカがでてきて、商品のイメージがしにくいのが原因かもしれません。

そこで、テントを買うコツです。

それは、、、

「なんでもいい」

です。

少し乱暴な言い方かもしれませんが、最初に買うテントは何だっていいんです。

なぜならば、実際にキャンプを体感しないと自分に合うかどうかわからないからです。

キャンプをしたことのない人にとっては、自分のキャンプスタイルが確立していないはずです。

あれこれ迷うなら、予算の範囲内で最高のものを買ってしまいましょう。

投げてワンタッチで設営できるポップアップ式テントでもいいし、おしゃれなワンポール型テントでもいいし、リビング付きの大きなツールーム型テントでもいい。

ようは、なんでもいいのです。なんでもいいから、キャンプをしてみるということです。

使ってみて、ダメなら、リサイクルショップに売るか、オークションで売って、また自分スタイルのものに買い換えるのがベストなのです。

人間というのは不思議なもので、大きなテントを持っていると、コンパクトなテントが欲しくなります。

また、大きいのがいいけれど、軽量なものが欲しい。などと欲張りで、欲求が矛盾してきます。

ですから、結局満足していても後で買い足すか、買い換えることになります。

といっても、選ぶ基準をお伝えしておかなければ怒られそうなので、選ぶポイントをあげてみます。

 

テントを買う時のポイント

  • どこに泊まるか。
  • 何人で使うか。
  • どうやって運ぶか。
  • いつ使うのか。

です。

では詳しく説明していきます。

どこに泊まるか。

山に泊まる人、キャンプ場に泊まる人、野宿する人、フェスで使う人。テントを買う理由は様々だと思います。どこに泊まるかを明確にしていれば、おのずとテントは大きさや形が絞られてきます。

何人で使うか。

テント選びはなんでもいいと言いましたが、これはきちんと確認すべきポイントです。メーカーによっても使用人数の基準がバラバラです。スノーピークは少し小さめですが、コールマンは大きめです。使用人数と実際のサイズを確認して買いましょう。

どうやって運ぶか。

テントは軽量なものから重くてしっかりとしたものまであります。バイクやリュックに入れるなら軽量なものを、ミニバンなどの大型の車で運ぶならしっかりとしたテントがいいでしょう。

テントって意外とかさばるので、車の荷室の容量など確認した上で買いましょう。

いつ使うのか。

冬と夏ではテントの選び方が違います。冬用はきちんと下から冷気が入らないようになっていますし、夏用はメッシュ部分がたくさんあり、通気性がよくなっています。最近流行りのワンポールテントはおしゃれですが、通気性は良くないので、秋から春にかけて涼しい時期に使うのがベストでしょう。

他にも耐水圧などチェックポイントはありますが、大抵1500mmぐらいはあるので気にしなくてもいいと思います。

 

これを買えばまちがいない

迷って仕方ないあなたに、二択まで絞り込んでテントをご紹介します。

スノーピーク アメニティードームM

¥32,800(税別)

もう、完璧なテントではないでしょうか。コスパが良く、これを買っておけば間違い無しだと思います。スノーピークというブランドはテントを買うとタープが欲しくなりますが、タープは少々お値段が高いので、スノーピークにハマらないよう要注意です。

上部にもメッシュ、入り口と反対方向にもメッシュで風の通りもいいです。
大人2人、子ども2人なら余裕の広さです。
個人的には、コンパクトがいいのでアメニティードームSでも良かったかなと。

プレミアム PANELグレートドゥーブル XL-AF

¥100,000(税別)

ツールームなので、結構でかいですよ。それでもって見たら欲しくなります。プライバシーも大事にしたい人ならリビング付きなのでおすすめです。色がスノーピークよりカッコイイですね。タープを買う必要がないので、これひとつあればキャンプは完全に楽しめます。

まとめ

テントを実際に建てて夜を過ごした人はわかると思いますが、子どもの頃に遊んだ秘密基地のような感覚で、ワクワクがたまりません。

初めてのキャンプだと不安もあるかもしれませんが、不自由、不便、も含めてキャンプです。

さっそく、テントを買って、キャンプを楽しんでみてはいかがですか。